自治体・官公庁向けソリューション 自治体・官公庁向けトップへ

Graffer スマート申請 とは?

あらゆる行政手続をスマートフォンで完結できる、まったく新しいデジタル行政プラットフォームです。

モバイルに最適化されたシンプルで高機能な申請フォーム、マイナンバーカードを使った本人確認、キャッシュレスでの手数料支払いなど、市民の利便性と行政事務の効率を高める最新の仕組みを組み込んでいます。

高度なセキュリティと高いコストパフォーマンスで、他のどんなシステムよりも優れた行政サービスを実現します。

Graffer スマート申請

Graffer スマート申請の特徴・機能

スマートフォン1つですべての手続きが完結

スマートフォン、タブレット、PCブラウザに最適化された申請フォームをご提供いたします。

Android/iOS向けのスマートフォンアプリを使うことで、マイナンバーカードによる電子署名を行うことができ、法令に準拠した本人確認が完結します。

手数料の支払いもキャッシュレスで行えます。

既存の運用やシステムと連携できる

簡単な設定で利用できるため、手軽に導入を行えます。

申請情報は所定の様式に転記し、紙の書類として出力することもできるため、書面の保管が必要な手続きや、窓口や郵送での申請フローとの結合が実現できます。

申請情報のCSVファイル出力にも対応しているため、既存システムとの情報連携も行えます。

高度なセキュリティ

マイナンバーカードと公的個人認証サービスを用いた本人確認に対応しています。

IPアドレス制限などのネットワークセキュリティはもちろん、ユーザーごとの権限管理、不正防止のための詳細な操作ログ記録など、安全な運用を支える機能も充実。

自治体の方向けのLGWANを経由した接続にも対応しています。

スマート申請を利用したアウトソーシングまで

行政手続のデジタル化において、後続業務や関連法令は無視できません。

市民サービスを向上させるため、グラファーでは、スマート申請を利用したアウトソーシングサービスも提供しています。

法令解釈の整理、既存の業務運用の棚卸し、運用開始後の改善までフルサポートします。