GOVTECH TRENDS

グラファーがお届けするデジタル行政の最新情報メディア

2019.10.31 Thu

リトアニア最新動向2019「GovTechラボ」設立でデジタル革命を推進

リトアニアで、本格的なデジタル政府を目指す「GovTech Lab」が立ち上げられました。エストニアと並ぶバルト3国の1国であるリトアニアは、テクノロジーを活用した革新的で効率的な政府を目指しています。21世紀型の新しいデジタル国家を目指すリトアニアでは、これからどのような取り組みを進めていくのでしょうか。リトアニアの経済革新大臣が語った内容をご紹介します。

リトアニア最新動向2019「GovTechラボ」設立でデジタル革命を推進

リトアニア政府がGovTechラボを設立

ヨーロッパのバルト3国に位置するリトアニアでは、デジタル革命を目指しGovTech(ガブテック)ラボを設置しました。リトアニア政府のGovTechラボは、政府がスタートアップ企業、中小企業、学者などと連携することで、テクノロジーの力で社会問題の解決を目指すものです。

参考:リトアニアGovTechラボ公式サイト

リトアニアGovTechラボの大きな役割は問題提起と繋ぎ役

リトアニア政府では、GovTechラボが問題提起を行い、その解決は民間企業などが行う方針で取り組みを進めています。その背景としては、新技術の専門知識が必ずしも政府の中にあるわけではないことを政府が認識していることがあります。

政府は問題提起を行なった後は、各機関の繋ぎ役として機能します。各役割を担う専門家が、より効率的に社会に価値が提供できるよう環境作りに努めるのです。

GovTech Labは、公共部門、民間部門、および第三部門間の繋ぎ役として機能し、公共部門の問題を様々な異なる視点で捉えることを奨励しています。知識共有のための強固なネットワークは、社会的利益を最大化する新しいソリューションの創造を促進し、政府をより効率的で開かれたものにすると考えます。

引用元:SHAPING A DIGITAL LITHUANIA: THE GOVTECH LAB LAUNCH

訳:Toshihiro Hatano(Govtech Trends編集部)

2019年7月から本格始動

参考:リトアニアGovTechラボ公式サイト

2019年には、リトアニアGovTechラボが、フィンテック、文化、エナジーテックなどの分野で募集を開始。すでにGovTech分野の大手を含む約600社のスタートアップ企業が存在するリトアニアにおいて、企業側にも大きなチャンスとなることが期待されます。

まとめ

リトアニアがスタートした「GovTech(ガブテック)ラボ」が目指すものや役割について解説しました。リトアニアはGovTechラボにより、今後さらにデジタル国家に向けた取り組みを推進していくと考えられます。今後の動向に注目し、引き続き最新動向をお伝えしていきます。

出展:https://www.public.io/shaping-a-digital-lithuania/

グラファー Govtech Trends編集部

日本のGovtech(ガブテック)や、行政・自治体・政府のデジタル化の最新動向について解説します。国内外のデジタルガバメントやデジタルファーストの役立つ情報についても、事例を交えてわかりやすくお伝えします。

Govtech Trendsを運営する株式会社グラファーは、テクノロジーの力で、旧来の行政システムが抱える様々な課題を解決するITカンパニーです。世界最高水準の電子行政システムの実現に貢献することをミッションとして、様々な自治体の電子化を支援しています。

GOVTECH TRENDS

presented by

Graffer, Inc.

グラファー「Govtech Trends」編集部

Govtech Trends(ガヴテック・トレンド)は、株式会社グラファーがお届けする、 行政のデジタル化・スマート化に関する最新情報をお伝えするメディアです。

市民中心のデジタル行政サービスを実現しましょう

窓口書類作成、手続きに関する問い合わせ工数の削減、電子申請など、
行政のデジタル化を実現する多様な製品を提供しています。
グラファー製品について詳しく知りたい場合は、お気軽にお問い合わせください。

詳しく見る   お問い合わせ