ニュースリリース

2022年4月6日

「自動審査アシスト」で審査業務を効率化し、職員の業務負荷を軽減。神戸市とグラファーが実証実験を開始

株式会社グラファーは、行政事務を効率化する「自動審査アシスト」の実証実験を神戸市とともに開始しました。電子申請システムとマイナンバー利用事務系システムのデータを連携することによって職員の事務効率化を図ります。

「自動審査アシスト」に関する実証実験
これまで電子申請で取得したデータの審査を行う際には、手作業による業務が必要でした。「自動審査アシスト」を利用することによって、電子申請システムとマイナンバー利用事務系システムのデータを連携し、職員の審査にかかる業務負荷軽減を目指します。

株式会社グラファーの自治体・官公庁向けソリューション
https://graffer.jp/governments

お問い合わせ
本件に関するお問い合わせは以下までお願いいたします。
https://graffer.jp/contact