ニュースリリース

2021年9月3日

滋賀県が「Graffer スマート申請」「Graffer 手続きガイド」「Graffer 窓口予約」を共同調達し、手続きのオンライン化を開始

株式会社グラファーは、滋賀県に対してオンライン申請サービス「Graffer スマート申請」、オンライン手続き案内サービス「Graffer 手続きガイド」、オンライン窓口予約サービス「Graffer 窓口予約」の提供を開始しました。滋賀県はサービスを共同調達し、県内各市に導入。県全体で行政デジタル化の推進に取り組みます。

取り組みの背景
滋賀県では2020年10月から、スマート自治体推進事業「令和2年度スマート自治体都道府県補完モデル調査研究事業」を実施。「オンライン申請を活用したワンストップ行政サービス」の実現を目指した調査研究事業として県内3市において、「Graffer スマート申請」および「Graffer 手続きガイド」を用いたモデル事業を行ってきました。この結果を踏まえ、2021年度に県および県内各市で共同調達を実施し、2021年7月から「Graffer スマート申請」、「Graffer 手続きガイド」、「Graffer 窓口予約」の導入を順次開始。住民票の写しの請求をはじめとした行政手続きのオンライン化を通じて、行政事務の効率化を目指します。

参加団体
大津市、近江八幡市、草津市、甲賀市、野洲市、湖南市、米原市、栗東市
(予定も含む。参加団体は今後も拡大予定。)

共同調達の対象サービス
「Graffer スマート申請」(湖南市、近江八幡市、野洲市、甲賀市、栗東市)
「Graffer 手続きガイド」(湖南市、近江八幡市、野洲市、甲賀市、草津市、大津市、米原市、栗東市)
「Graffer 窓口予約」(湖南市、近江八幡市、野洲市)

Graffer スマート申請とは
「Graffer スマート申請」とは、市民がスマートフォンなどを利用してオンラインで申請を行えるようにするための、オンライン申請サービスです。マイナンバーカードを使った本人確認、キャッシュレスでの手数料支払いなど、市民の利便性と行政事務の効率を高める最新の仕組みを組み込んでいます。

Graffer 手続きガイドとは
「Graffer 手続きガイド」とは、市民がスマートフォンやパソコンから、簡単な質問に答えていくだけで必要な行政手続きを確認できる、オンライン手続き案内サービスです。

Graffer 窓口予約とは
「Graffer 窓口予約」とは、市民が窓口に来庁する前に予約が取れるサービスです。市民はスマートフォンから簡単に予約できるため、窓口で長時間待つ必要はありません。

株式会社グラファーの自治体・官公庁向けソリューション
https://graffer.jp/governments

お問い合わせ
本件に関するお問い合わせは以下までお願いいたします。
https://graffer.jp/contact