ニュースリリース

2021年4月1日

行政デジタル化を手掛けるグラファーのCFOに紫垣拓也が就任。同時に、総額約12億円の資金調達を実施

行政サービスのデジタル変革を手掛ける株式会社グラファー(本社:東京都渋谷区、代表取締役:石井大地、以下「グラファー」)のCFOとして、2021年4月1日付で紫垣拓也が就任。同時に、総額約12億円のシリーズB資金調達を実施しました。

紫垣拓也のプロフィール
早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。2010年にJPモルガン証券株式会社 投資銀行部門入社。2012年にゴールドマン・サックス証券株式会社 投資銀行部門入社。同社では、東京及びサンフランシスコオフィスにおいて、主にテクノロジー企業のM&Aや資金調達に係るアドバイザリー業務、及び、同社のスタートアップ企業に対する自己勘定投資業務に従事。2017年以降は香港及びシンガポールにてヘッジファンド運用業務に従事。自身が最高投資責任者を務めるファンドにおいては、HFM AsiaHedge社のNew Fund of the Year 2019等を受賞。2021年4月にGrafferに参画しCFOを務める。

資金調達の概要
当社はさらなる事業拡大を目的として、既存投資家より総額約12億円の資金調達を実施しました。これまでの累計資金調達額は約22.2億円となります。

株式会社グラファーについて
グラファーは、「Digital Government for the People」をかかげ、市民にとってメリットの大きいデジタル行政プラットフォームを開発・提供しているスタートアップ企業です。政令指定都市から中小自治体までを対象に、オンライン申請や電子認証などのサービスを提供しています。

採用情報
グラファーでは、今後もビジネス開発及びプロダクト開発を担う人材の採用を積極的に進め、行政サービスのデジタル変革に取り組みます。現在募集中の職種は下記をご覧ください。
募集中の職種:https://graffer.jp/recruit

企業情報
所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷1-2-3 INビル
代表者:石井 大地
設立:2017年7月18日
資本金:2,205,721,759(資本準備金含む)
URL:https://graffer.jp
お問い合わせ:pr@graffer.jp

本プレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。