ニュースリリース

2019年8月19日

グラファーと Yahoo! JAPAN、 暮らしに関わる情報分野で業務提携

行政手続きの効率化サービスを手掛ける株式会社グラファー(本社:東京都渋谷区、代表取締役:石井大地、以下「グラファー」)は、ヤフー株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:川邊 健太郎 以下、Yahoo! JAPAN)と暮らしに関わる情報分野で業務提携を開始しました。

図1.png

「Yahoo!くらし」に「Graffer 手続きガイド」APIの提供を開始

Yahoo! JAPANが8月19日(月)に提供開始した「Yahoo!くらし」は、市区町村ごとに、役所での必要な手続きのサポートや公共施設、病院、防災に関する日常生活で必要な情報を確認できます。

グラファーは「Yahoo!くらし」へ「Graffer 手続きガイド」APIを提供しました。ユーザーは「Yahoo!くらし」の「手続きガイド」機能で、表示される質問に答えていくだけでライフイベントに関わる手続きを簡単に洗い出すことができます。

Graffer 手続きガイドとは

「Graffer 手続きガイド」とは、スマートフォンやウェブから質問に答えていくだけで必要な手続きがわかる、住民向けの手続き案内サービスです。

今回の業務提携では「Graffer 手続きガイド」のエンタープライズ向けAPIを「Yahoo!くらし」へ提供する形でシステム連携を実現しています。今後もユーザーの利便性向上を目指し、両社のさらなる連携を検討していきます。