ニュースリリース

2022年4月1日

ISMAPクラウドサービスリストの登録取下げに関して

株式会社グラファーは、当社が提供するGraffer PlatformのISMAP(※)クラウドサービスリスト(以下、サービスリスト)への登録について取下げの届出を2022年1月24日に行い、このたび、IPAより登録の削除を受けることとなりました。

※ISMAP(政府情報システムのためのセキュリティ評価制度)とは、政府が求めるセキュリティ要求を満たしているクラウドサービスを予め評価・登録することにより、政府のクラウドサービス調達におけるセキュリティ水準の確保を図り、もってクラウドサービスの円滑な導入に資することを目的とした制度です。

 当社は十分なセキュリティの担保を最優先課題の1つと捉え、サービスリストへの登録を目指して取り組みを続け、2021年12月20日に実際に登録を受けることとなりました。
 他方、当社が提供するGraffer Platformは、サービスリストに登録されているIaaS上にサービスを構築しており、これに加えて当社が独自にサービスリストへの登録を維持すべきかについて、慎重に検討・議論を進めて参りました。
 こうした議論の結果、サービスリストへの登録維持のために必要な監査費用負担等に鑑み、当社が独自にサービスリストへの登録を維持することはしないとの判断に至り、取下げの届出を行いました。

 当社はISMAPの制度及びその意義について深く共感するところであり、今後もISMAPクラウドサービスリストに登録されたIaaSを活用して各種のサービス・アプリケーションを提供すると同時に、セキュリティ担保のための取り組みに継続的に投資して参ります。またクラウドサービスにかかる各種セキュリティ認証等について継続的に情報収集を行い、必要な認証の取得について検討して参ります。

 今後とも株式会社グラファーをよろしくお願いいたします。