ニュースリリース

2021年2月1日

グラファーがオンライン申請サービスの提供範囲を拡大。「ちょこっと共済」のネット申込を開始

行政サービスのデジタル変革を手掛ける株式会社グラファー(本社:東京都渋谷区、代表取締役:石井大地、以下「グラファー」)は、行政手続きのオンライン申請サービスの提供範囲を、自治体以外へも拡大。これまで「Graffer スマート申請」を提供してきた知見を、公的な交通災害共済である「ちょこっと共済」のネット申込みに活用し、2021年2月1日から申込みを開始しました。

導入の背景 ——加入にかかる市民の負担を軽減する。
これまで「ちょこっと共済」への加入申込みは、窓口で行う必要がありました。加入を希望する市民は、開庁している時間に窓口まで行って、書類に記入し、現金で支払いを実施。共済への加入は一年ごとに必要となるため、継続的に加入を希望する市民は、毎年窓口に行って申込書に記入する必要があるといった課題を抱えていました。
このような背景を受けて、「ちょこっと共済」はネット申込みに対応。申込みを受付ける職員にかかっていた事務業務の削減や、加入者数の増加への寄与も見据えながら、市民の共済加入にかかる負荷軽減を目指します。

特徴 ——窓口でしか行えなかった申込みが、ネットで完結できるように。
市民はスマートフォンで共済に加入できる
市民は、24時間いつでも好きな時間に、スマートフォンやPCから申込みを行うことができます。支払いはクレジットカードで行えるため、振込の手間もありません。

職員の業務負荷が軽減される
申込みを受付ける職員の負荷が軽減されます。ネットで受付けることによって、窓口業務を軽減。さらに、現金の集計や、データ入力作業、用紙の管理といった後工程にかかる事務業務を削減します。

「ちょこっと共済」とは
ちょこっと共済とは、東京都39市町村が共同実施する公的な交通災害共済です。交通事故でけがをしたり、万が一亡くなったりした時に、割安な掛け金で災害の程度に応じて最高300万円の見舞金が受けられる制度です。

ちょこっと共済 ネット申込ページ
https://chokotto-kyosai.graffer.jp/apply

株式会社グラファーについて
グラファーは、「Digital Government for the People」をかかげ、市民にとってメリットの大きいデジタル行政プラットフォームを開発・提供しているスタートアップ企業です。
政令指定都市から中小自治体までを対象に、オンライン申請や電子認証などのサービスを提供しています。

企業情報
所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷1-2-3 INビル
代表者:石井 大地
設立:2017年7月18日
資本金:975,000,313(資本準備金含む)
URL:https://graffer.jp
お問い合わせ:pr@graffer.jp