News

手続き書類を「書かない」市役所へ 「Graffer® 窓口印刷」鎌倉市にて実証実験を開始

行政手続きの効率化サービスを手掛ける株式会社グラファー(本社:東京都渋谷区、代表取締役:石井大地、以下「グラファー」)は、住民が市役所へ書類を提出する際の「手書き作業」を減らす実証実験を鎌倉市と共に開始しました。

鎌倉市×グラファー これまでの取り組み

グラファーは2018年11月、鎌倉市のライフイベントに関わる行政手続きをウェブ・スマートフォンでわかりやすく案内する「鎌倉市 くらしの手続きガイド」試験運用版の提供を開始しました。鎌倉市では月に約1,500件のライフイベントに関わる手続きが行われています。一方、「鎌倉市 くらしの手続きガイド」には、月間で1,000を超えるユーザーのアクセスが記録されています。

鎌倉市 くらしの手続きガイド:https://ttzk.graffer.jp/city-kamakura/

Graffer® 窓口印刷とは

「鎌倉市 くらしの手続きガイド」で洗い出された提出書類をウェブ・スマートフォンで事前に作成できる「Graffer® 窓口印刷」の提供を開始しました。フォームに必要項目を入力し、表示されたQRコードを鎌倉市役所の本庁舎1階受付に置かれた専用端末へかざすだけで、住民は事前に入力した情報が記入された提出書類をまとめて印刷することができます。

今回の実証実験では、手続き書類を作成するときに繰り返し記入が求められる4つの項目(氏名・住所・生年月日・電話番号)を事前入力の対象としますが、今後は住民の活用状況に応じて項目を増やす予定です。

現段階では住民が市役所の窓口まで足を運んで手続きを行う必要がありますが、将来的にはウェブ・スマートフォンのみで手続きを完結できるよう、機能開発を進めています。

株式会社グラファーについて

グラファーは、「テクノロジーの力で民主主義を拡張する」というヴィジョンのもと、インターネットとテクノロジーを活用し、様々な行政手続きを効率的に行える各種サービスを開発・提供しているスタートアップ企業です。

【株式会社グラファーの提供サービス】

◆行政手続き情報メディア「くらしのてつづき」

https://ttzk.graffer.jp

◆手続き書類のオンライン作成・印刷・郵送「Graffer® フォーム」

https://forms.graffer.jp/

◆法人登記事項証明書・印鑑証明書のオンライン請求「Graffer® 法人証明書請求」

https://registry.graffer.jp/

この記事をシェアする