ニュースリリース

2020年4月16日

「脱・窓口混雑プロジェクト」を開始。窓口料金以下で法人登記簿謄本・印鑑証明書をオンライン取得できる。

企業の新型コロナ融資・助成金手続きを支援。法務局に行くよりも安価な料金で。窓口の混雑を解消。

行政サービスのデジタル変革を手掛ける株式会社グラファー(本社:東京都渋谷区、代表取締役:石井大地、以下「グラファー」)は、法務局の窓口混雑を緩和するための特別対応策として、登記簿謄本・印鑑証明書をオンライン請求できる「Graffer®︎ 法人証明書請求」を法務局に行くよりも安価に提供する「脱・窓口混雑プロジェクト」を開始いたしました。新型コロナウイルスの影響で融資や助成金の申請を行う企業は「Graffer®︎ 法人証明書請求」を利用すると、法務局の窓口まで行かなくても、スマホから登記簿謄本や印鑑証明書を取り寄せることができます。

「脱・窓口混雑プロジェクト実施の背景 ——法務局の窓口混雑を緩和しクラスター発生を抑止。

新型コロナウイルスの影響で、法務局の窓口が混雑するといった問題が発生しています。その背景にあるのは、景気悪化による企業の銀行融資や助成金の申請の増加です。融資や助成金の申請のためには、登記簿謄本や印鑑証明書といった書類が必要になるケースが多く、その取得のために法務局の窓口を訪れる企業が増えています。
窓口に人が集中することは、クラスターの発生や感染拡大につながります。企業には法務局までの移動や混雑した窓口に滞在することによる社員の感染リスク、法務局には混雑によって職員に感染するリスクがあります。
そこで、グラファーは窓口の混雑緩和を目的に、オンラインで登記簿謄本・印鑑証明書が郵送請求できる「Graffer®︎ 法人証明書請求」を、法務局に取りに行くよりも安い価格で提供する「脱・窓口混雑プロジェクト」を期間限定で実施します。

 

「Graffer® 法人証明書請求」の特徴 ——すでに10,000社以上が利用。窓口に行かずに登記簿謄本・印鑑証明書がオンライン請求できる。

「Graffer®︎ 法人証明書請求」はスマホやパソコンから登記簿謄本や印鑑証明書を取り寄せできるサービスです。オンラインで請求した登記簿謄本・印鑑証明書は、指定した住所に郵送で届けられるため、企業は法務局の窓口まで行く必要はありません。

簡単1分で請求できる
スマホやパソコンから、オンラインで簡単に請求することができます。
支払いはキャッシュレス
支払いはクレジットカードで行えます。銀行や郵便局まで行く必要はありません。
24時間いつでも利用できる
インターネット上からいつでも請求することができます。請求した証明書は2〜3営業日で郵送で届きます。

※法務局への請求が増加している影響で、送付の遅延が発生する可能性があります。

 

「脱・窓口混雑プロジェクト」概要 ——登記簿謄本540円、印鑑証明書400円でオンライン請求できる。

対象の請求
 登記簿謄本の郵送、印鑑証明書の郵送の通常請求
料金(税別)
 登記簿謄本の郵送:540円(通常時:初回 980円 / 2回目以降 1,280円)
 印鑑証明書の郵送:400円(通常時:1,480円)
 ※印鑑証明書をオンラインで取得するには、電子証明書が必要です。法人の電子証明書をお持ちでない場合は「Graffer®︎ 電子証明書取得サポート」からも取得することができます。
URL
 https://ttzk.graffer.jp/corporate-certs
利用方法
 上記サイト上から利用すると自動的に割引が適用されます。利用回数の制限はありません。
対象期間
 2020年4月16日(木)10:00 から 5月6日(水)24:00 まで

 

株式会社グラファーについて
グラファーは、「テクノロジーの力で民主主義を拡張する」というヴィジョンのもと、 インターネットとテクノロジーを活用し、様々な行政手続きを効率的に行えるサービスを開発・提供しているスタートアップ企業です。

株式会社グラファーの提供サービス
・手続き書類のオンライン作成・印刷・郵送「Graffer® フォーム」
・行政手続き情報メディア「くらしのてつづき」

企業情報
所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷1-2-3 INビル2階
代表者:石井 大地
設立:2017年7月18日
資本金:725,000,008円(資本準備金含む)
URL:https://graffer.jp
お問い合わせ:pr@graffer.jp