ニュースリリース

2020年9月29日

Graffer スマート申請がkintoneと連携したサービス提供を開始

オンライン申請受け付け後のさらなる運用効率化が可能に

株式会社グラファーは、サイボウズ株式会社が提供する、業務アプリ開発プラットフォーム「kintone(キントーン)」との連携を開始しました。行政手続きのオンライン申請ができるサービスである「Graffer スマート申請」と「kintone」が連携することで、各自治体がオンライン申請を受け付けた後の運用を、より簡便かつ効率的に実施できるようになります。

kintoneとは
「kintone」はノンプログラミングで業務アプリを作成でき、紙やFAX、表計算ソフト等を用いて行われる非効率な業務を素早く改善できるアプリ開発プラットフォームです。データベース共有、進捗管理、コミュニケーションの機能を備え、自治体業務のデジタル化を実現します。国内外で15,000社以上の導入実績があり、自治体においても幅広く活用されています。行政手続きのオンライン申請を実現する「Grafferスマート申請」との親和性が非常に高いことが特徴です。

「Graffer スマート申請」と「kintone」との連携事例
神戸市は、「Graffer スマート申請」によりオンライン申請を受け付けた後の業務に「kintone」を活用し業務の大幅効率化を実現しました。

神戸市の導入事例
https://graffer.jp/govtech/articles/govtech-kobe-online-for-business

サイボウズ社コメント
昨今、多くの自治体で行政手続きのオンライン化が必要とされています。
本連携は住民の利便性向上と職員の業務効率化を実現する画期的な仕組みであると確信しております。
今後もパートナーシップ構築に勤しみ、公共のお客様に快適なソリューションをご一緒にご提案してまいります。

サイボウズ株式会社
執行役員 営業本部長 兼 事業戦略室長 栗山 圭太

お問い合わせ
本件に関するお問い合わせは以下までお願いいたします。
お問い合わせフォーム:https://graffer.jp/contact