News

GOVTECH TRENDSへ登壇しました

行政手続きの効率化サービスを手掛ける株式会社グラファー(本社:東京都渋谷区、代表取締役:石井大地、以下「グラファー」)は、CORAL CAPITAL(https://coralcap.co/)主催の勉強会であるGOVTECH TRENDSへ登壇し、事業の紹介や日本における業界知見の共有を行いました。

Coral Capital 澤山氏によると、海外ではGovTech領域のユニコーン企業も出てきており、今後2~3年で当領域が大きく盛り上がっていくと想定されます。

エストニアが先進事例となっているのはもちろん、ドバイではペーパーレスカントリーを目指す動きが進んでおり、「2021年は紙を発行する最後の年にする」という政府関係者からの発言もあるなど、国家レベルでの行政のデジタル化は世界的な潮流となろうとしています。

現在、アメリカ・ヨーロッパを中心に盛り上がりの兆しがあるGovTech領域ですが、今後アジア・日本を含めて様々な企業・サービスが登場していきそうです。

【登壇依頼・取材依頼窓口】

取材・登壇の依頼はこちらまでご連絡ください。

pr@graffer.jp