Graffer Platform™ プロダクト&サービス 自治体・官公庁向けトップへ

デジタルアウトソーシング とは?

「Graffer スマート申請」を用いた手続きのデジタル化と併せ、申請受付後のワークフローを完全にデジタル化。その後の業務運用までを請け負うデジタルアウトソーシングサービスを提供します。

運用設計、コールセンター業務、審査業務などに幅広く対応。後続業務や関連法令を踏まえた法令解釈の整理、既存業務運用の棚卸し、運用開始後の改善までを一貫してサポートします。

デジタルアウトソーシング

デジタルアウトソーシングの特徴・機能

コールセンターから審査業務まで一貫して対応

「Graffer スマート申請」を活用したオンライン申請を導入した上、申請受付後のコールセンター業務、審査業務。郵送申請の受付、データ入力、不備連絡など、一連の後続業務を同時にまとめてアウトソースできます。

デジタル完結のワークフローで業務効率を向上

「Graffer スマート申請」を利用して受け付けた申請データは、業務ツール「kintone」と連携。申請受付から後続の業務まで、ワークフローのすべてをデジタル化。紙やExcelで行なっていた運用をデジタルに合わせて最適化することで、アウトソーシングサービスに求められる高い業務効率を実現します。

オンライン申請と連携した一体的なサービス改善

コールセンターや審査業務をオンライン申請サービスと一体的に提供するメリットは、利用者からの反響を受けて素早くサービスを改善できることです。寄せられた問い合わせ内容を踏まえてオンライン申請時の案内の文言を見直したり、審査上不備の多い個所の入力フォームを改善したりと、サービスの品質を継続的に高められます。